モンテルカスト チュアブル 味。 シングレア(モンテルカスト)の喘息における効果と特徴

【薬剤師が味見してみた】今日は日医工のモンテルカストチュアブル錠の味見です【2017年6月収載】

モンテルカスト チュアブル 味

Contents• モンテルカストチュアブル・細粒は処方頻度が少なければ沢井製薬がベストかな?【2017年6月収載】 今日は モンテスカルト細粒「サワイ」の味見です。 今まで、 高田製薬、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、沢井製薬と 有力どころのモンテルカストを味見してきましたが 恐らく今回の味見でモンテルカストでは最後になるんじゃないか?と思っています。 というか、 その他多くのメーカーさんは味見本を持ってこないので味見ができない・・・ 正直なところ、 すでに味見しているメーカーは、どのメーカーを採用しても美味しい味付けになっています (個々の評価は過去記事読んでくださいな〜) その中で 味が同じレベルであれば 『患者さんや調剤薬局に優しいメーカーを採用したい』 というのが個人的に思うことです。 時にMRさんの対応や人柄かもしれないですし、薬価差益かもしれません。 前置きが長くなりましたが早速味見をしていきましょう。 実際に味見してみた 沢井製薬はもちろん 先発品と同じような スティック包装になっています。 先発品とほぼ同じ細さなんですが、 他ジェネリックメーカーと比べると少しだけ細い気がする・・・ このスティック包装を見て 先発品よりも改良されていることに気がつきますか? その辺りも後ほどふれていきたいと思います。 強い甘みというよりも、 ほんのりと甘い感じで後味もスッキリ 口に含んだ直後は他の細粒同様にざらつく感じがあるけれど しばらくすると溶けるような感じでザラつきを感じなくなります。 ちょっと ドライシロップみたいな印象を受けました。 ここからは モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイントを3つ紹介します。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント1 1点目、 開封口がマジックカットになっており100%開く 薬局にいるひとは先発品をよ~く見て欲しいんです。 「開け口」のところに少し切り込みが入ってませんか? そして、その部分が接着されていませんか? そう、先発品(キプレス・シングレア)の細粒を開けると本体の幅に対して8割ぐらいしか開かないんです。 私も沢井製薬のMRさんに言われて初めて知りました。 今まで調剤していて患者さんから言われたことはないんですが この開け口が完全に開かないことで お薬が全量飲めていないケースがあるのかな・・・?って少しだけ心配です。 味見した後発メーカーは記憶にある限りではマジックカットで 完全に口の部分が開いていたと思います。 この辺りは沢井製薬に限らず 後発品が改良した点だといえます。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント2 2点目、粉薬を水に溶かして飲ませようとしたときに 意外と 苦労するのが粉が水面に浮くことなんです。 モンテルカストではないのですが、 うちの娘がザジテンD.Sを服用しており このザジテンD.Sが 恐ろしく水面に浮くんです。 そして 静電気なのか(?)縁の方に「す~~」って滑って、容器(小さいお椀)の縁につくんです。 スポイトを使って全量しっかりと溶かそうとすると 結構イライラします。 急いでいるのに!って・・・なります。 モンテルカスト細粒「サワイ」は 粉が水に沈むように設計されており 水に溶かしたときに水面に浮くことなく 扱いやすいそうなんです。 先発の キプレス・シングレア細粒を水に溶かしたことはないので分からないのですが 沢井製薬はこの点を付加価値としてお薬を作っているそうで 「 扱いやすいですよ!」とMRさんもアピールしていました。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント3 3点目、包装が14包・28包・140包 なんといっても 14包の包装があるんです。 後発品って包装の種類が少ないOR包装が大きいってイメージがあるのですが モンテルカスト細粒に関しては シングレア細粒と同じ14包からあります。 キプレス細粒の14包包装作ってくれ~って言いたい(代わりに28包は無くしてもいいと思う) この辺りも沢井製薬らしいなぁ~と感じるポイントでした。 大手で細粒が14包、チュアブル錠が28錠の包装は第一三共エスファ(DSEP)もあります。 まとめ 味わってみた結果は 採用問題なしという評価です。 また、細粒の味だけでなく 実際に取り扱う患者さん(今回は親御さん)の利便性の良い製剤 また、 在庫を持つ調剤薬局にも優しい包装となっています。 この辺りは流石、 沢井製薬だなと感心しますね。 店舗単独で決定権があれば処方頻度が低いので モンテルカストに関してはチュアブル錠・細粒まとめて沢井製薬にします。 多く使っている薬局であれば、高田製薬を選ぶのも手かと思います。 それだけで決まらないのがチェーン店の原理ですね。 スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~.

次の

【薬剤師が味見してみた】今日は日医工のモンテルカストチュアブル錠の味見です【2017年6月収載】

モンテルカスト チュアブル 味

1歳~6歳未満は細粒4mg 6歳以上の小児はチュアブルの5mg 大人は錠剤(OD錠含む)の5~10mg 用法は全て「一日一回就寝前」です。 モンテルカストは、一歳未満への安全性は確立していないので、一歳未満のお子さんに使用するのであれば、プランルカスト(オノン)を選択したほうが良いでしょう。 プランルカストについては>>> をご覧ください。 なお、 モンテルカストチュアブル5mgとモンテルカスト錠5mgはバイオアベイラビリティに差がある(わかりやすく言うと:吸収される量に差がある)ので、変更しないように。 トーワの味を試したことが無いので比較が出来ませんが、トーワもヨーグルト系の味ですね。 すでにジェネリックが発売されている成分の後追い発売の場合、AG オーソライズド・ジェネリック)以外はあまり目立たないことが多いですが、モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」は良いポイントを狙えている気がします。 当薬局でも上手く利用していきたいと考えています。 モンテルカスト細粒の味などについては、>>> にまとめています。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」は味がポイント【ヨーグルト】 さて、やっと本題です。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」の採用を検討している理由についてまとめていきます。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」のサイズ シングレアチュアブルが直径9. 5mm、厚さ4. 4mmに対して、 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」は直径9mm、厚さ3. 7mmとサイズは小型化しています。 6歳で細粒から切り替えになるので、【初めての錠剤型】となることも珍しくありません。 チュアブル錠とはいえども、小さいサイズのほうが、保護者の方やお子さんの心理的負担は軽減すると思います。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」の錠剤デザインと添加物 薬品名の印字はされておらず、「Z132」と彫られています。 薬品名を印字する場合には、酸化チタンなどの添加物を追加しなければならないこともあるので、無いほうが良いのかもしれません。 添加物の種類はほとんど同じですが、シングレアのアスパルテームがスクラロースになっていることと、香料が違うだけですね。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」は美味しいヨーグルト味 さて、メインの内容ですが、モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」はヨーグルト味です。 先日、サンプルをいただいたので、試しに 味見をしてみましたが、かなり美味しいヨーグルト味でした。 ほとんど【ヨーグレット】です。 これは嫌いな子あまりいないと思います。 チュアブル錠なので、さっと溶けるし口触りも悪くありません。 シングレアチュアブルや、他のジェネリックはイチゴかチェリー味が多いですが、たまにどちらの味も嫌いな子がいるので、新たな選択肢としてはアリだと考えています。 むしろ、イチゴ味よりもヨーグルト味の方が嫌いな子は少ないような気がします。 もちろんシングレアやジェネリックのチュアブルも美味しいですが、好き嫌いの多い味よりも、無難な味のほうが万人受けして良いのでは?と考えています。 そのため、既存のジェネリックからの全面切り替えも検討しています。 とりあえずは、シングレア・モンテルカストの両チュアブルが嫌いな子におすすめしてみようかと思ってます。 薬を飲むのが苦手な子は>>も参考になると思います。 モンテルカストチュアブル5mg「日本臓器」のその他の特徴と薬価 ちなみに、10錠ヒートの100錠包装しかありません。 先発品含めて14錠ヒートの印象が強い薬なので、錠数間違いには注意をした方が良いでしょう。 28錠包装などの小包装が無いのは在庫管理上のデメリットにもなり得ます。 あとは、「日本臓器」の名前も仰々しくて正直好きではありません。。 市販薬では、「アイストローチ」なども作られていますが、アイストローチ「日本臓器」に名前を変えたら売上が減るのでは無いかと考えています(余計なお世話ですよね。。 ) ちなみに薬価はまだ未収載ですので、わかり次第追記します。 薬価は1錠40円となりました。 「日医工」など数社と同じ、一番低い薬価帯になります。 モンテルカストチュアブルの薬価は、58. 3円のものが多いので、医療費削減の効果も期待出来ます。 モンテルカスト(シングレア・キプレス)チュアブルの味が苦手で飲めないお子さんにとっては、とても助かる選択肢が増えましたね。 以下の記事で、小児ぜんそくの基本や治療薬についてまとめています。

次の

モンテルカストチュアブル錠5mg「タカタ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

モンテルカスト チュアブル 味

Contents• モンテルカストチュアブル・細粒は処方頻度が少なければ沢井製薬がベストかな?【2017年6月収載】 今日は モンテスカルト細粒「サワイ」の味見です。 今まで、 高田製薬、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、沢井製薬と 有力どころのモンテルカストを味見してきましたが 恐らく今回の味見でモンテルカストでは最後になるんじゃないか?と思っています。 というか、 その他多くのメーカーさんは味見本を持ってこないので味見ができない・・・ 正直なところ、 すでに味見しているメーカーは、どのメーカーを採用しても美味しい味付けになっています (個々の評価は過去記事読んでくださいな〜) その中で 味が同じレベルであれば 『患者さんや調剤薬局に優しいメーカーを採用したい』 というのが個人的に思うことです。 時にMRさんの対応や人柄かもしれないですし、薬価差益かもしれません。 前置きが長くなりましたが早速味見をしていきましょう。 実際に味見してみた 沢井製薬はもちろん 先発品と同じような スティック包装になっています。 先発品とほぼ同じ細さなんですが、 他ジェネリックメーカーと比べると少しだけ細い気がする・・・ このスティック包装を見て 先発品よりも改良されていることに気がつきますか? その辺りも後ほどふれていきたいと思います。 強い甘みというよりも、 ほんのりと甘い感じで後味もスッキリ 口に含んだ直後は他の細粒同様にざらつく感じがあるけれど しばらくすると溶けるような感じでザラつきを感じなくなります。 ちょっと ドライシロップみたいな印象を受けました。 ここからは モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイントを3つ紹介します。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント1 1点目、 開封口がマジックカットになっており100%開く 薬局にいるひとは先発品をよ~く見て欲しいんです。 「開け口」のところに少し切り込みが入ってませんか? そして、その部分が接着されていませんか? そう、先発品(キプレス・シングレア)の細粒を開けると本体の幅に対して8割ぐらいしか開かないんです。 私も沢井製薬のMRさんに言われて初めて知りました。 今まで調剤していて患者さんから言われたことはないんですが この開け口が完全に開かないことで お薬が全量飲めていないケースがあるのかな・・・?って少しだけ心配です。 味見した後発メーカーは記憶にある限りではマジックカットで 完全に口の部分が開いていたと思います。 この辺りは沢井製薬に限らず 後発品が改良した点だといえます。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント2 2点目、粉薬を水に溶かして飲ませようとしたときに 意外と 苦労するのが粉が水面に浮くことなんです。 モンテルカストではないのですが、 うちの娘がザジテンD.Sを服用しており このザジテンD.Sが 恐ろしく水面に浮くんです。 そして 静電気なのか(?)縁の方に「す~~」って滑って、容器(小さいお椀)の縁につくんです。 スポイトを使って全量しっかりと溶かそうとすると 結構イライラします。 急いでいるのに!って・・・なります。 モンテルカスト細粒「サワイ」は 粉が水に沈むように設計されており 水に溶かしたときに水面に浮くことなく 扱いやすいそうなんです。 先発の キプレス・シングレア細粒を水に溶かしたことはないので分からないのですが 沢井製薬はこの点を付加価値としてお薬を作っているそうで 「 扱いやすいですよ!」とMRさんもアピールしていました。 モンテルカスト細粒「サワイ」のお薦めポイント3 3点目、包装が14包・28包・140包 なんといっても 14包の包装があるんです。 後発品って包装の種類が少ないOR包装が大きいってイメージがあるのですが モンテルカスト細粒に関しては シングレア細粒と同じ14包からあります。 キプレス細粒の14包包装作ってくれ~って言いたい(代わりに28包は無くしてもいいと思う) この辺りも沢井製薬らしいなぁ~と感じるポイントでした。 大手で細粒が14包、チュアブル錠が28錠の包装は第一三共エスファ(DSEP)もあります。 まとめ 味わってみた結果は 採用問題なしという評価です。 また、細粒の味だけでなく 実際に取り扱う患者さん(今回は親御さん)の利便性の良い製剤 また、 在庫を持つ調剤薬局にも優しい包装となっています。 この辺りは流石、 沢井製薬だなと感心しますね。 店舗単独で決定権があれば処方頻度が低いので モンテルカストに関してはチュアブル錠・細粒まとめて沢井製薬にします。 多く使っている薬局であれば、高田製薬を選ぶのも手かと思います。 それだけで決まらないのがチェーン店の原理ですね。 スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~.

次の