羊たちの沈黙 ネタバレ結末。 【ネタバレ考察】映画「ハンニバル」が伝えたかった本当の意味とは?

【ネタバレ考察】映画「ハンニバル」が伝えたかった本当の意味とは?

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

<羊たちの沈黙・あらすじ> FBIアカデミーのトレッキング・コースをひた走る訓練生クラリス(ジョディ・フォスター)は、上司ジャック(スコット・グレン)の呼び出しにより出頭する。 クラリスが大学で学んでいた時の恩師がジャックだった。 ジャックが命じたのは、捜査中の事件の参考のため州立の精神病院に収監されている精神科医ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)に面談する事だった。 レクター博士は自らの患者を9人を殺害し食べたという過去を持ち厳重に隔離されていた。 精神病院院長のチルトン博士(アンソニー・ヒールド)から厳格な規則遵守を約束させられ、クラリスはレクターと面談した。 レクターの透徹した知性と底光りする眼にクラリスは圧倒される。 そして帰り際クラリスは別の収監者の精液を浴びせかけられると、レクターはクラリスを哀れんで事件のヒントを与え、その収監者に対して怒りを爆発させた。 レクターは後日その収監者を言葉で責めて自殺に追い込んだ。 実はジャックがクラリスをレクターにあわせたのは、若い女性の皮を剥いで殺す連続殺人犯バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)の捜査に、レクターの知見を引き出すためだった。 ジャックはレクターがクラリスに興味を持つことを見越して研修生にも関わらず派遣したのだった。 更に面談を重ねるうちに、レクターはクラリスの父が10歳の時に死んだという過去を語るのと引き換えに、事件捜査のヒントをレクターから抽き出せるようになる。 そんな時、女性上院議員の愛娘キャサリン(ブルック・スミス)がバッファロー・ビルに誘拐される。 精神病院院長のチルトン博士は、FBIとクラリスがレクター博士に真犯人を語らせようとしていることに気づく。 チルトンは自らの欲のため上院議員を巻き込み、レクター博士を待遇の良い牢に移動する事と引き換えに、レクターから真犯人の名前ルイス・フレンドを聞き出す。 レクターが移送収監された施設を訪ねたクラリスは、ルイス・フレンドの綴りを入れ替えると"Iron sulfide=硫化鉄=偽金=偽者"となると指摘する。 レクター博士は、そんなクラリスに犯人は渇望している対象を見つめている者だと語る。 しかし聡明なクラリスは、女性だから排除され、女性だから警官達に眼で犯され、女性だから異分子として疎まれていると分かっています。 このシーンは、そのまま社会に出た女性達が、男権社会で働く事の困難さを象徴するシーンだったはずです。 社会に出た女性達は、男ではない存在として女性を排除しようとする力と、男の性的な対象として好奇と欲望の眼差しを、潜在的に受けるでしょう。 そんな事情を、この映画のポスターは象徴的に表現してます。 このポスターに描かれた蛾が、生れ落ちてから成虫へと変態していくように、人も生まれてから社会的な役割として「男女の性=ジェンダー」を生きることを強制されるのです。 つまりこの映画で現れる蛾とは、そのままジェンダーを象徴するモノでしょう。 そして、女性達は、その事、ジェンダーの不平等を口に出しては社会に適応し難くなるゆえに、口を閉ざさなければならないのです。 この映画のクラリスが、 自らの意思を明確に持った強い女性でありながら、どこか儚げなのは、彼女がそんな社会的な弱者として登場しているからだと感じました。 こんな、女性達の社会に求められる、制度的な、もしくは潜在的な不平等と、差別に対して「 No」を唱えたのがフェミニズムという主張です。 フェミニズム(英: feminism)とは、性差別を廃止し、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする思想・運動、性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称。 多くのフェミニストは、女性に関する様々な社会問題が、男性優位の社会構造から生じ、または家父長制が無意識に前提視されていることから生じていると主張している。 また、女性間の差異を考慮に入れれば、たとえば「黒人」「女性」というように、二重、三重に抑圧されていると捉えることができるため、フェミニズムを複合的な抑圧の集成理論として、また相互に影響する多くの解放運動の流れの一つとして捉えることもできる、と主張している。 Wikipediaより 下:エマ・ワトソン UN Women 親善大使演説 エマ・ワトソンはフェミニズムの現状を国連の場で語った。 この映画におけるクラリスが、女性として社会的に抑圧されている姿として、フェミニズム的主張を持って描かれているのは間違いないでしょう。 しかし上の葬儀場のシーンの動画で見逃せないのは、クラリスが男性社会で孤立したとき、 父の葬儀を思い出していた事です。 実に、この映画にとっても、 女性というジェンダーにとっても重要なのは、その 「娘と父」の関係性だと語っていると思うのです。 ストーリーを追えば、クラリスは母を早く亡くし、10歳の時に更に保安官だった父を事件で亡くします。 そして、親類の馬と羊を飼っている牧場に世話になりますが、2ヶ月で施設に送られることになります。 それは、ある晩奇妙な叫びを聞いて眼を覚まし、声のするほうを見てみると羊が屠殺されている姿を眼にします。 クラリスは子羊をつれて逃げようとしますが捕まり、牧場主が激怒して施設に送られたというのが真相でした。 その子羊の声がトラウマになり今も夜起きると語っています。 レクター博士に、そんな子羊を助けるためにFBI捜査官になったのかと問われ、キャサリンを助ければ声が消えるのかと問われます。 この子羊とはそのまま彼女だったでしょうし、その牧場主とは代理としての父であった事は間違いありません。 そしてそれは、迷える子羊を導いたという、「イエス・キリスト=神と人間」の関係とも相似だと言えるでしょう。 つまりは、「父=神」とは、守るものでありながら奪うものだという真実が描かれています。 そして、その関係とは「父と娘」の関係性の中で、重要な働きを娘に対して及ぼすように思います。 普通に考えれば、本来女性とは母という属性を引き継ぐ存在ではないでしょうか。 ところが、母というキャラクターは男性社会の中で働く際に機能する属性ではないがゆえに、そのモデルは父親に求めざるを得ません。 しかし、父親という存在は娘にとって、二つの相反する力として現れるはずです。 一つは社会的先導役として娘を守り導く者。 一つは異性としての潜在的欲望対象として奪い汚す者。 つまり、この映画のハンニバル・レクター博士とFBIの上司ジャック・クロフォードとクラリスの関係とは「娘と父」の関係性を描いていると思えてなりません。 レクター博士は奪い汚す者としての側面を、ジャック・クロフォードは教え守る者の側面を強く持っていると感じますが、二つの相反する力は両者とも交じり合って持っていると感じられます。 それは「娘にとっての父」とは、その愛情に従うか反発するかによって、違う様相を見せるからかもしれません。 いずれにしても、そんな男権に対する矛盾した感情は保持したまま、男性社会の中に入っていく娘は、あらかじめ混乱した存在として社会を生きざるを得なくなるのです。 しかし、そんな「親と子」の関係とは、男女の分業が崩れ、ジェンダー自体に疑問が生じている現代社会においては、正解がないという点で混迷は深くなります。 実はそんな社会的な変化を踏まえた「親と子」の関係が、この映画には「誘拐されたキャサリン=娘と女性上院議員=母」とか「犯人バッファロー・ビルとその母」の関係であるとかいうように、いくつか提示されています。 そんな背景を持っているがゆえに、異様さや、サスペンスに深みと奥行きが出たと思います・・・ この映画の題名 『羊たちの沈黙』の意味とは、英語のRambが子羊、生け贄、犯罪被害者を表す言葉である時、社会的に女性達が抑圧され、声を発せられない姿を表しているように思います。 クラリスの訪れたリップマン夫人の家の住人が、連続殺人犯バッファロー・ビルの正体だったのだ。 クラリスはその事実に気づき銃を抜くが、犯人は家の地下へと逃げてしまう。 古井戸の底深くに閉じ込められたキャサリンを発見する。 犯人を追ううちに浴槽に入った老婆の骸骨を見つける・・・・・ クラリス:FBIよ。 あなたは安全よ。 /キャサリン:何が安全よ!とっととここから出してよ!/クラリス:あなたは大丈夫。 犯人はどこ?/キャサリン:何で私に分かるわけ!さっさと出して!/クラリス:黙って。 犬を吠えさえないで。 /キャサリン:私を出して!/クラリス:キャサリン、ここから出してあげるけど、ちょっと聞いて。 私はこの部屋を出る。 すぐ戻るから。 /キャサリン:イヤだ!ここに置いとくな、このクソ女!ここから出せってば!あのヤローは狂いまくってんだ!ねえってば!出せよ!/クラリス:キャサリン、他の捜査官を呼ぶからちょっと待って。 /キャサリン:待て!行くな!頼むから!/クラリス:黙って! 暗転、犯人との対決) 犯人が電気を切り暗闇になった地下室で、犯人は暗視スコープを装着し背後に迫った。 犯人が銃の撃鉄を上げた音に反応したクラリスは犯人の位置を知りを射殺する。 その地下室には、アメリカ国旗と、兵隊の人形、鉄兜のような帽子があった・・・・・・ このシークエンスのキャサリンとの会話は、男性社会において闘う女性の足を引っ張るのが、実に同性の女性に他ならないことを象徴的に描いていると思います。 また、このシーンは犯人に関する重要な情報がちりばめられていますが、ミイラ化した老婆のショットはヒッチコックの『サイコ』の影響を強く感じます。 また、この映画のサスペンシーンを、映像により状況を丹念に説明するのも、ヒッチコック風の演出だと思います・・・・・ そんな『サイコ』を踏まえれば、抑圧者の母にスポイルされたマザコンの犯人像という姿が見えてきます。 クラリスも晴れて捜査官となった。 同期生マップ:特別捜査官スターリング。 /クラリス:特別捜査官マップ/同期生マップ:電話よ。 /クラリス:失礼/客:ピンチ、写真取ってくれる/客:いいよ。 モチロン。 /ジャック:いいかな。 おめでとうを言いたくてね。 あんまりこんな事をしてはいけないんだが、だからここから直ぐ退散するよ/クラリス:分かりました。 感謝してます。 /ジャック:君のお父上も今日を誇りに思うはずだ。 ・・・・・電話を忘れずに。 /クラリス:スターリングです。 /レクター博士:クラリスか?羊達の叫びは止まったか?/クラリス:レクター博士/レクター博士:私を追いかけて不愉快な思いをさせてくれるな。 さほど長くは留まらない。 /クラリス:どこにいるんですかレクター博士?/レクター博士:君を訪ねる予定はないな、クラリス。 君がいる世界は、より興味深いからな。 それで、私にも同様の礼儀を、今君に期待したいがね。 /クラリス:私は約束しかねます。 /レクター博士:私は君ともっとお喋りしたいが、旧友をディナーにする予定があるんでね。 /クラリス:レクター博士?レクター博士?/チルトン博士:失礼。 セキュリティーシステムは完璧か?/ボディガード:我々のセキュリティーは超強力です。 /チルトン博士:ありがとう。 感謝するよ。 このラストは、二人の父親からの承認を意味したはずです・・・・・・・・・・ 特に握手のシーンは父性の持つ二つの側面が、鮮烈に描写されていると思います。 それは逆から言えば、「女性性」を男性社会から見て評価・規定する二つの側面、男権社会に対する奉仕と、男達の性的欲望の対象として、いずれも認められた事を意味するでしょう・・・・・・ しかしそれゆえ、このクラリスの耳には、子羊の泣き声がまだ響いているように思えてなりません。 それは社会が、性差を元に個人の行動を規定しなくなるまで、けっして止む事はないのでしょう。 蛇足をもう一つ・・・・・・・ このレクターがチルトンを追って行った、カリブ海と思われる島。 ここで、映画のエンドクレジットの最後まで見続けると、音楽が終わった後に、鳥の鳴き声が入ります。 実は鳴く鳥とは大抵オスで、このさりげない鳴き声こそジェンダーが世界を覆っているという証明のように感じました スポンサーリンク.

次の

映画『羊たちの沈黙』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

ネタバレって最後だけってことですか? 一応簡単なあらすじ&ネタバレいきます。 FBIの訓練生(もしくは新米)のクラリスは 猟奇殺人事件の捜査のため、現在収監されている 元医師の殺人鬼(レクター)と面会する。 レクターは的確にクラリスに助言をするが、その一方で 彼女に惹かれていた。 そしてレクターは彼女に1つ頼みごとをした。 「今の私の警備を緩くして、そしてもっと広い部屋に移してくれたら 重要なヒントを与えよう」 その願いを聞き入れたクラリスは重要なヒントを受けて捜査を再開する。 そしてその晩、レクターは看守の一瞬のすきを突いて脱獄する。 一方、クラリスは猟奇殺人犯の家にたどり着いていた。 一進一退の攻防が続いたが、なんとかクラリスは生き延びて 事件は解決した。 そして数年後。 ある日クラリスにレクターから電話があった。 レクターは自分が監獄にいたときに自分を苦しめた看守所長を狙う風なことを告げて電話を切った。 ・・・・全然簡単じゃなくなったね!ま、いいじゃん!.

次の

羊たちの沈黙のフル動画(字幕/吹き替え)を無料で|PandoraやDailymotionも確認|シネマテラス

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

公開から年数は経っていますが今でも語り継がれる映画です。 とある、FBIの研修生のクラリスはある事件を追うように言われます。 だが、一向に捜査が進まないことにある同じような連続殺人犯と会って 行動パターンを調べるように言われます。 その連続殺人犯との出会いがクラリスの人生で重大な意味をもたらす。 その連続殺人犯との間での物語を描いた映画です。 FBIの研修生のクラリスはある事件を追う 主人公のクラリスはFBIの研修生として、ある事件の捜査をしていました。 その事件は女性を次々と襲い、皮膚を剥いで行くというとても残忍な事件です。 しかし、被害者は増える一方で一向に捜査は進みません。 そこでクラリスはある同じような連続殺人犯と会って行動パターンや考え方を調べてこいと言われます。 そして、その人物と会うことになります。 クラリスは連続殺人犯のレクターと会う その連続殺人犯はレクターといいます。 かなりの知能犯で頭もキレます。 レクターはクラリスの過去を教える代わりに事件の情報を教えると交換条件をだしてきました。 その条件を受け入れたクラリスは情報を聞き出していきます。 クラリスはレクターから情報を聞き出す by:eiga. com クラリスはレクターに会いにいきますが質問にはなかなか答えてくれません。 何度も押し問答があった後収穫はないとクラリスはレクターの元から去ろうとしますがその時他の囚人から精液をかけれてしまいます。 そのことに傷つくクラリスはレクターからこっちに戻ってこと言われます。 レクターから、謝罪を受けた後、ある人物を探せと言われます。 その人物の名前はヘスターモフェットです。 そして、捜査に出るクラリスですが、ついに 一致する人物の場所を特定します。 その建物に入ると頭部をホルマリン漬けにされた男のものがありました。 そして、ヘスターモフェットとは私の残り。 そう、レクターはクラリスを遊んでいました。 そのことにいらだったクラリスはもう一度レクターのもとに行きます。 しかし、レクターはあの男は私の元患者で私が殺したわけではないといいます。 あの男は女装をする願望がある男に殺されたといいます。 その人物像は操作している殺人犯のバッファロー・ビルに当てはまっていました。 クラリスは犯人を追い詰める その後も捜査を続けるクラリスでしたが更に犠牲者がでてしまいます。 その女性も皮膚を剥がされていましたが、口の中に繭を入れられていました。 その繭はスズメガと言ってアジアにしか生息しないガでわざわざ輸入をしているようでした。 その事をレクターに告げるとそれは変化を意味すると言われます。 そして、交換条件としてあった、クラリスの過去を語ります。 クラリスは幼少の頃急に父親を亡くして親戚の家に預けられました。 その親戚は農場を営んでおり、子羊がいましたが、夜悲鳴が聞こえるとその子羊が殺されているのでした。 そのことが気にかかるクラリスは子羊を逃がそうとしますが、逃げようとしません。 そこで無理やり1匹を逃がそうとするところを見つかり怒られてその家をだされてしまったことを伝えます。 そのことが気になるレクターはその子羊の声は今でも聞くか?と言います。 クラリスにとってはそれがトラウマでした。 pinterest. レクターからの情報を元にだんだんと犯人に近づいていくクラリス。 クラリスは最初の犠牲者のフレデリカのことを考えます。 そして、犯人は女性の皮膚で服を作ろうとしている。 フレデリカのようになりたいとの願望からそのような犯行に及んでいると考えます。 そして、フレデリカがかつて洋服の直しを手伝っていたという夫妻の元を訪ねます。 すると夫妻ではなくある男がでてきました。 男は明らかに挙動がおかしく発言も違和感がありました。 そして、クラリスはその男がバッファロー・ビルであると確信します。 そして、銃撃戦が始まります。 バッファロー・ビルは電気を落として暗視スコープでクラリスを見ます。 そして、物音がした方へクラリスは発泡します。 クラリスの弾はバッファロー・ビルに命中して、バッファロー・ビルの命は尽きます。 その後無事に卒業式をむかえているクラリスのもとに一本の電話がなります。 その人物はレクターでした。 レクターは事件解決をおめでとうといいます。 そして、羊たちの悲鳴はやんだか?と聞きます。 逆探知は無理だと告げてもっと長く話したがと告げて電話は切れます。 羊たちの沈黙の感想 羊たちの沈黙ホラーサスペンスではありますがかなり深い映画だと感じます。 レクターの発言は一見意味のわからないこと言っているように見えて深い意味があります。 繭を口に入れることも変化を意味すると言うことも犯人のバッファロー・ビルは変装して何者かになりたいそんな願望があることをその事柄から読み取っていたり、そのような事柄がいくつも散りばめられていて、一回見るよりも2回3回見ると段々と面白くなるそんな数少ない映画です。 もし、見ていない方は一度は見るべき映画です。 映画情報 監督 ジョナサン・デミ キャスト クラリス ジョディ・フォスター レクター アンソニー・ホプキンス バッファロー・ビル デッド・レヴィン.

次の