第五人格 溜め攻撃 やり方。 【第五人格】Blackjackモード(BJモード)の基本ルール、専用人格をまとめました【Identity V】

第五人格 ハンターやってる人ってエイムアシストどうしてる?

第五人格 溜め攻撃 やり方

夢の魔女イドーラを解説します。 総合評価:D 総合評価:S 外在特質 効果 夢隠れ 本体はサバイバーから見えない 本体は攻撃能力を持たない サバイバーからも見えるオリジナル信者を引き連れていて彼が攻撃を行う 信者 サバイバー1人ごとに1体寄生信者を作り出すことができる 寄生信者は宿主サバイバーを攻撃すると消滅する 魔女の記号 寄生信者を生み出した位置に魔法陣を残す これに触れたサバイバーは寄生されたサバイバーの寄生を解除する能力を持つ 存在感 形態変化 効果 0 寄生 サバイバー相手に使うことで寄生信者を作り出す クールタイム75秒 0 伝道 操作キャラを本体、オリジナル信者、寄生信者の中で切り替えることができる クールタイム2秒 1000 同化 寄生のクールタイムを45秒にする 2500 殉道 信者の移動可能範囲を増やす このハンターはかなり複雑なハンターのため、まずは長所と欠点を箇条書きにして紹介し、それから詳細を述べていきたいと思います 長所 ・同時にハンターを最大5体繰り出して切り替えながら戦えるため、場の制圧力がすごい ・非常に難しいが、理論上は2体同時攻撃により逃げる暇なくダウンをとることが可能 ・補助特質を本体含め最大6体がそれぞれ使える(クールタイム含めそれぞれ個別扱い)ため、異常、監視者、巡視者などの 補助特質の能力を普通のハンターの(理論上)6倍引き出せる 欠点 ・ハンター1体1体は能力が低い。 溜め攻撃含め攻撃範囲は狭く、信者単独で見ると何の特殊能力もない最弱ハンターとなる ・オリジナル信者はイドーラの周囲から離れられないし、寄生信者は寄生先から離れられないので、 とにかく距離を離せば逃げられる 労力のわりに合わないハンター 夢の魔女は信者含め魅力的なビジュアルにより実装前から注目していたのですが、蓋を開けてみると使いこなすのが相当難しいハンターでした。 まず第一ムーブとして本体の移動速度が速いので、さっさと寄生してオリジナル、寄生の両殴りでダウンをとりたいのですが、心音はしなくても 近づくことでサバイバーからは本体の声(鼻歌?)が聞こえるので、寄生している間にサバイバーが気づいて逃げ出してしまいます。 一度逃げ出されると 遠くに逃げればオリジナル信者の範囲外になり追いつけないため、いきなりダウンをとっていくのは難しいということになります。 そうするとサバイバーそれぞれに寄生して信者を作り出し多人数で圧力をかけていきたいと思うのですが、寄生信者が一人で殴ってもすぐ消滅してしまいプレッシャーにはならず、オリジナルを動かして寄生と二人で挟み撃ちにしようとしても個々の能力は高くないため、板の先倒しを駆使して遠くに逃げられると失敗します。 そうこうしているうちに上手いこと暗号機を解読されるとサバイバーに対する圧力に至らず通電され、何のための女だということになってしまいます。 それでも使う人のための戦い方 しかし魔女は決して使えないほど弱いというわけではありません。 でも取り上げたを見てもらえばわかりますが、サバイバーの逃げる方向を予測して挟み撃ちにするよう追いかけていく、救助サバイバーを寄生することで以外にかける時間を節約する、素早い切り替えでサバイバーに圧力をかけ続ける、ダウンを取ってから再び寄生を行い椅子まで運ぶのは寄生信者に任せる、こういった動きを徹底し脳をフル回転させることで魔女の真価が発揮されます。 部分では神出鬼没を信者ごとに使えるという特徴を活かして一撃をきっちり当てることが必要ですが、信者の動きに合わせて素早く切り替えを繰り返す操作テクニックやマップごとの地形理解、マップごとのサバイバーの移動ルートについての理解の深さという面のウエイトが大きく、他ハンターよりもそういった 試合前からのゲームに対する理解の積み重ねが結果に結びつくハンターと言えます。 極める覚悟のある人はぜひともトライしてみてください。 私は諦めました。 追記 なぜ夢の魔女は最強ハンターになったのか 上に書いたように、夢の魔女は極めれば強いという感じのハンターです。 使いやすくて強いハンターは他にいます。 しかし、現S8環境ではサバイバー側の高能力とそれを活かした連携が取れ過ぎていて、マリーだろうとハスターだろうとハンターが一人だけだとかなり厳しいのです。 かつて(S3~S4)最強を誇った蜘蛛も何故か弱体化させられてしまいました。 夢の魔女は複数体のハンターを同時操作しているようなものなので、操作は難解ですが現環境でも通用する力を持っています。 Apollon24.

次の

【第五人格】裏ワザ・小技な丸秘テクニック集! 【アイデンティティV】

第五人格 溜め攻撃 やり方

スポンサーリンク 外在特質・形態変化(スキル) スキル名 効果 写真世界 カメラを使って撮影し、この時刻のサバイバーとフィールドを複製し、静止した写真の世界を創り出す。 写真の世界が崩壊したあと、カメラはしばらくのクールタイムが必要になり、その後再び撮影が可能になる。 同時に、写真の世界で累加された状態の半分は、現実世界に投影される。 ジョゼフはいつでも写真の世界に入り、過去のサバイバーを探してロケットチェアに拘束することができる。 写真の世界は静止しているため、サバイバーは荘園から脱出することも、ロケットチェアで荘園に送り返されることもない。 これと対照的に、現実世界にいるサバイバーはカメラの残留映像を通って写真の世界に入ることができ、写真世界で暗号機解読の進度を累積できるが、解読の完成はできない。 写真の中の人物も、写真の世界に入ったサバイバーにステータスアップまたはステータスダウンの全体効果を及ぼすことができない。 時空重畳 二重の時空の力を帯び、通常攻撃で1. 5倍のダメージを与える。 瞬影留痕 写真の世界が存在する時に使用できる。 残相を通ってジョゼフは自由に写真の世界を出入りできる。 時空残像 ジョゼフは移動時に過去15秒間の痕跡を記録する。 スキルキーを長押しすると、押した時間の長さに応じて過去の位置まで戻ることができる。 衣装 衣装名 説明 伯爵 永遠に壁に掛けられたくないのなら、彼への態度には気を付けることだ。 催眠医師 催眠により患者の弱みや歪みの様を集める。 患者に対して無意味な同情心を抱くのはロールシャッハ医師だけだ…… あいつをあの虫ケラたちの仲間に仕立て上げてやろう! アポロ あなたへの光と希望は私だけが与えられる。 私だけが奪える。 虚言 私の言葉は、全て私の本心だ。 ……私に、本心というものがあればの話だが。 血影 瞬く間に終わってしまう歓喜は致命的な毒となる。 しかし、誰がこのロマンスを拒めるだろうか? 月下の紳士 夢の中の月光は優しく柔らかい。 ただ、彼と一曲踊ってくれる相手はいないようだ。 アズラーイール この季節一枚目の落ち葉を持って、彼は空から舞い降りた。 ボロい服 服がボロボロだ。 本当にただゲームをしただけ? 初期衣装 初期衣装。 すべてが自然に見える。

次の

【第五人格】ハンターの常識!基本的な立ち回り方について解説!【IdentityV】

第五人格 溜め攻撃 やり方

BJモードが開始されましたね。 現時点での開催時間(日本時間):11時から13時、15時から20時、22時から翌日1時(ゲーム内日付切り替わりが1時) やり始めて最初の1時間はつまらないと思っていたのですが、 3時間くらいやると面白さがわかってきました。 ここではBJモードのルールをわかりやすく解説することで、皆さんが快適にプレイするための手助けになればいいなと思っています。 この説明書を通してBJモードの面白さに気づいていただけたら嬉しいです。 との違いは? トランプのについては 忘れてください。 「 21点を目指している」「 21点を超えるよりは下回っているほうがいい」この2点だけがトランプのと同じですが、 Aは1点、Jは1点、Qは2点、Kは3点というのがトランプのとの大きな違いなので(他、2~10の数字のカードは数字と同じ点数)、トランプのBJに引き摺られない方がいいです。 別のゲームだと考えてください。 いつもの第五人格と何が違うの? 何もかも違います。 ・プレイヤーそれぞれがサバイバーを1人、ハンターを1人用意する(普段の第五人格はサバイバー側とハンター側4対1に分かれているが、BJでは分かれていない5人戦) ・サバイバーの人格は固定(後述) ・ハンターの人格も固定(後述) ・ハンターの補助特質は瞬間移動で固定 ・ 瞬間移動は10秒に1回使える ・椅子はない。 アイテム箱はない。 ロッカーには入れない。 暗号機に触らないことによってカラスが舞うことはない ・ハンターの攻撃がヒットするとサバイバーは一撃でダウンする(常に引き留める状態のダメージと考えるといい。 故にリッパーの霧等は1ダメージ扱いで1発ダウンにはならない) ・サバイバーの能力が弱体化されている(傭兵の肘当ては1回だけ、 傭兵も1撃ダウンする、空軍の銃のスタン時間が半分ほどに、占い師は最初フクロウ1羽ではなく0羽スタート、呪術師は呪いを2つまでしか溜められず大スタン使用不可等) BJ独自ルールは以下の通り。 ・皆それぞれ1点から5点のカード1枚を引かされてゲームスタート ・ハンターはダウンさせたサバイバーに自分の持っているカードを1枚引かせることができる どのカードを引かせるかは選べない ・1ラウンド120秒の時間制限があり、時間経過するかハンターがサバイバーにカードを引かせたタイミングで終了 ・サバイバーは解読機を回す、ハンターとをすることでチップを稼ぐことができる。 ラウンドの終わりに21点を超えていたら負け) ・リッパーがカードを配った後、生存者の中で一番点数の大きい人がハンターになる( ハンターがサバイバーをダウンさせてカードを押し付けたとしても、まだハンターの点数が全生存者の中で一番大きい場合、同じ人が続けてハンターをやることになるし、120秒の時間経過でラウンドが変わっても同じ人がハンターを続けるとは限らない) ・ラウンドの開始前10秒間、サバイバーは自由に動ける。 この間に解読を進めて点数稼ぎすることもできる。 開始6秒前に誰がハンターになるかが全員に通知される。 ハンターになる人は変身中なので10秒間動けない。 しばらくの間ハンターは全サバイバーを赤い影として位置を認識できるため、瞬間移動と合わせれば(基本的には)ラウンド開始後すぐにを始めることが可能 ・誰かのカードの点数が合計21点になった 瞬間、現在のラウンドは終了して特殊ラウンドに移行する。 特殊ラウンドは60秒間で、そのまま21点の人が逃げきれば勝ち。 ただし21点の人は全サバイバー、ハンターから黄色い影で表示されるため隠密で60秒やり過ごすことは不可能。 21点の人の点数が変わったら次はまた通常ラウンドになる ・ ただしハンターがサバイバーのダウンをとりカードを引かせた結果21点になった場合、そのままそのハンターの勝利となる。 1試合につき買えるのは1枚ずつ(透視カードを除く)。 解読中に解読しながら買うこともできる アイテムカード 値段 効果 評価 透視カード1級 10 他人のカードを1枚見ることができる 1ラウンドにつき1枚買える。 相手のカード内訳を見てそれに応じたカードをぶつける。 これを活かして戦えればプロだと思う 透視カード2級 40 他人1人のカードを全部見ることができる 1ラウンドにつき1枚買える。 アップデートにより追加された。 1級よりこちらの方が使いやすいだろう 交換カード1級 50 範囲内のプレイヤー1人とランダムに1枚カードを交換する 21点を崩すのにしか使えない。 自分の点数調整のために使うのは不安 交換カード2級 100 範囲内のプレイヤー1人とランダムに1枚カードを交換する。 範囲広 同上。 範囲広というのは投げられる距離が長くなっているだけなのでお好みで 交換カード3級 300 選んだプレイヤー1人とランダムに1枚カードを交換する。 21点取られた時の強制阻止に使えないこともない。 まだ残り3名以上の時の21点フェイズで21点サバイバーに逃げ切られそうな時に使う?(ただし自分が21点超えにされる恐れも) 手札リセットカード1級 100 範囲内のプレイヤー1人と手札をシャッフルし、それぞれ元の枚数だけ戻す 自分が高い点のカードを多く持っている時に減らせる可能性が高い。 使える 手札リセットカード2級 200 範囲内のプレイヤー1人と手札をシャッフルし、それぞれ元の枚数だけ戻す。 範囲広 範囲広というのは投げられる距離が長くなっているだけなのでお好みで 手札リセットカード3級 300 選んだプレイヤー2人の手札をシャッフルし、それぞれ元の枚数だけ戻す 展開によっては5人~4人生存中 2人が21点という状況が存在する。 この時ハンター任せにしているとハンターは21点サバイバー1人にしかカードを押し付けられないため、もう1人が勝ってしまう可能性が高い。 このカードなら2人の21点を同時に、ほぼ確実に崩せるため、極めて有効といえる 放棄カード1級 200 自分の手札一枚(ランダムに選ばれる)を捨てる(山札に戻す) ランダムなので1点減にしかならない恐れも。 ハンター状態でも使える 放棄カード2級 400 自分の手札一枚を選んで捨てる(山札に戻す) 強力。 必ず勝ち確というわけではないが使いやすい。 ハンター状態でも使える 引き渡しカード1級 300 自分の手札一枚(ランダムに選ばれる)を範囲内の相手に押し付ける ハンターに追われている時に使うことが多い。 (展開にもよるが)決勝ラウンドに残った場合、サバイバーはこれを持ってくることで勝利が近づく 引き渡しカード2級 500 自分の手札一枚( 自分が選ぶ)を 選んだ相手に押し付ける もちろん超強力。 確実に狙った相手にマイナスを、自分にプラスをもたらすことができるし、高得点カードを押し付けられる。 ただし超高額 加速カードレベル1 100 一時的に僅かな加速効果を得られる ここより下はにより追加されたアイテム。 これは少しの間ハンターと同速程度になる 加速カードレベル2 200 一時的にかなりの加速効果を得られる リッパーの加速状態を更に速くしたようなスピードに乗れる これを使えば間違いなくハンターからは逃げられる 透視カードレベル1 50 一定時間一人の位置が見える 値段通りで、他のカードと組み合わせての評価になるだろう 透視カードレベル2 100 一定時間全員の位置が見える 21点で、あと数十秒逃げ切りたい時に役立つかもしれない リストから自由に選ぶのではなく近くのキャラ相手に効果を及ぼすカードは、そのカードの投げ方が直線的なので、間に障害物が入るとカードが効果を発揮せず無くなってしまう。 つまり、普段の試合でハンターが信号銃を避けるように、うまく障害物を利用して相手のカード攻撃を避けるプレイングがサバイバー対サバイバーで必要となってくる。

次の