アゲリシャス 当たる。 ゼスプリのシールや応募券を集めて当たる! 合計800名様に『今年は甘いプレゼント!』キャンペーン実施|ゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社のプレスリリース

「アゲリシャス↑↑」KeePer技研株式会社のブログ | KeePer技研

アゲリシャス 当たる

ゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:安斉 一朗)は、この夏、ゼスプリキウイに貼られているシールや応募券を集めて、完熟キウイをはじめとした豪華賞品や限定賞品が当たるキャンペーンを実施いたします。 当選賞品には、完熟のキウイや、ジューサー、KIWI THE HEROキャンペーンと連動した限定グッズをラインナップしました。 ゼスプリキウイをご購入いただき、商品に付いているゼスプリのロゴマークの入ったゼスプリシールをご希望の賞品の必要枚数分集めることでご応募いただけます。 ご応募いただいた方の中から抽選で、合計800名様に賞品が当たります。 賞品は全部で3種類、A賞はシール25枚で、シャープ スロージューサー ヘルシオ グリーンプレッソ、B賞はシール15枚で、大人気のゼスプリ キウイ・ブラザーズのぬいぐるみKIWI THE HERO人形+限定BOX、C賞はシール10枚で、完熟のゼスプリキウイ1ヶ月分です。 シールや応募券の枚数によって、幅広く応募のチャンスを設けています。 応募券用、シール用、それぞれの応募ハガキはお近くのスーパーのゼスプリキウイの売場でご入手ください。 ゼスプリのホームページからもダウンロード出来ます。 応募ハガキ ダウンロードURL: 【今年は甘いプレゼント! 」ゼスプリ KIWI THE HEROキャンペーン概要】 <キャンペーンに関するお問い合わせ先> ゼスプリキャンペーン事務局 TEL:0120-630-130 受付時間:平日10:00~17:00(土・日・祝日を除く).

次の

「アゲリシャス↑↑」KeePer技研株式会社のブログ | KeePer技研

アゲリシャス 当たる

もくじ• ハガキ懸賞当選のコツと書き方 1. まずは書き方の基本! 読んでくれる人の立場を考えて 丁寧に分かりやすく書くことを心がけましょう。 必要事項を間違いなく記入する• 読みやすいように、一文字ずつ潰れないようにハッキリと書く• 住所や名前が読みにくい場合はフリガナをふる• 応募券、バーコードがある場合は剥がれないようにしっかりと貼る 2. 主催者の印象に残るコメントや感想を! 感想や意見を書く場合は、「商品の改善要望」や「会社への意見」など消費者の生の声を期待されている企業が多いと思うので、会社や商品に対する良いところ、気になるところ、これからどんな商品を出して欲しいかといった 自分なりの意見を素直に書くと良いと思います。 ハガキに個性を出してみる! 応募ハガキを1枚ずつチェックされそうな懸賞(当選人数が少ない懸賞)では、時間をかけて目立つハガキを作ってみるのはいかがでしょうか。 絵が得意な人は、その懸賞に関するイラストを書いてみる• 工作が得意な人は、ハガキにマスキングテープなどを貼り「デコハガキ」を作ってみる• 文章が得意な人は、懸賞に関するエピソードや商品の感想をたくさん書いてみる など、 自分にしか作れないオリジナルの応募ハガキを作ってみましょう。 ちなみに私は絵も工作も得意ではないので、マスキングテープでフチを装飾してみたり、色ペンやシールを使って精一杯目立つようにがんばっています。 ハガキを装飾(デコハガキ)するべきか?? シールやイラストを使ってハガキをデコレーションする「デコハガキ」というものがあります。 ハガキを目立たせてインパクトのある方が、当選しやすいのでは!?と思い、私もこれまでにデコハガキで何百通と応募してきました。 ですが、 大手企業が開催する応募者数が多いキャンペーンでは、応募ハガキが何万通と届くため、人ではなく機械による判定が行われているはずなので、アピールにつながらない装飾は必要はなしだという結論に至りました。 逆に 地域密着型スーパーなどの、当選者数も応募者が少なそうなキャンペーンの場合は、デコったり感想をしっかり書くようにすることで抽選する方へのアピール度が上がり、当選率がアップしたと思っています。 以上のような理由から、私個人の結論としては『使い分けが大切!』です。 シール切手で簡単デコレーション ハガキをデコレーションするのって時間もコストもかかるしセンスが必要・・・そんな方は 切手で個性を出してみてはいかがでしょうか。 郵便局や金券ショップに行くと、色とりどりのデザイン切手があるので懸賞にあったデザインを選べます。 中でもオススメはシール切手! 貼るのが簡単で糊付けの手間を省けちゃいますよ。 複数枚応募してみる! ネット懸賞の場合、応募は1人1回までという懸賞が多いですが、ハガキ懸賞の場合は何通応募してもOKと書いてあるキャンペーンをよく見かけます。 もちろんハガキ 1枚よりも複数枚の方が選ばれる確率は高くなりますよね。 バーコードや応募マークを日頃から集めておく! バーコードや応募マークが必要なキャンペーンは毎月のように開催されています。 諦めないで応募し続ける! ハガキを投函して、応募締切が過ぎてから抽選が行われるので、懸賞に当選したとしても 当選品が届くまでに1~4ヶ月くらいの時間がかかります。 そのため、ハガキ懸賞に応募し始めた頃は、なかなか当選品が届かずに応募をやめてしまおうと思うことも多いと思います。 ですが懸賞は『応募しなければ当選しない!』もの。

次の

「アゲリシャス↑↑」KeePer技研株式会社のブログ | KeePer技研

アゲリシャス 当たる

もくじ• ハガキ懸賞当選のコツと書き方 1. まずは書き方の基本! 読んでくれる人の立場を考えて 丁寧に分かりやすく書くことを心がけましょう。 必要事項を間違いなく記入する• 読みやすいように、一文字ずつ潰れないようにハッキリと書く• 住所や名前が読みにくい場合はフリガナをふる• 応募券、バーコードがある場合は剥がれないようにしっかりと貼る 2. 主催者の印象に残るコメントや感想を! 感想や意見を書く場合は、「商品の改善要望」や「会社への意見」など消費者の生の声を期待されている企業が多いと思うので、会社や商品に対する良いところ、気になるところ、これからどんな商品を出して欲しいかといった 自分なりの意見を素直に書くと良いと思います。 ハガキに個性を出してみる! 応募ハガキを1枚ずつチェックされそうな懸賞(当選人数が少ない懸賞)では、時間をかけて目立つハガキを作ってみるのはいかがでしょうか。 絵が得意な人は、その懸賞に関するイラストを書いてみる• 工作が得意な人は、ハガキにマスキングテープなどを貼り「デコハガキ」を作ってみる• 文章が得意な人は、懸賞に関するエピソードや商品の感想をたくさん書いてみる など、 自分にしか作れないオリジナルの応募ハガキを作ってみましょう。 ちなみに私は絵も工作も得意ではないので、マスキングテープでフチを装飾してみたり、色ペンやシールを使って精一杯目立つようにがんばっています。 ハガキを装飾(デコハガキ)するべきか?? シールやイラストを使ってハガキをデコレーションする「デコハガキ」というものがあります。 ハガキを目立たせてインパクトのある方が、当選しやすいのでは!?と思い、私もこれまでにデコハガキで何百通と応募してきました。 ですが、 大手企業が開催する応募者数が多いキャンペーンでは、応募ハガキが何万通と届くため、人ではなく機械による判定が行われているはずなので、アピールにつながらない装飾は必要はなしだという結論に至りました。 逆に 地域密着型スーパーなどの、当選者数も応募者が少なそうなキャンペーンの場合は、デコったり感想をしっかり書くようにすることで抽選する方へのアピール度が上がり、当選率がアップしたと思っています。 以上のような理由から、私個人の結論としては『使い分けが大切!』です。 シール切手で簡単デコレーション ハガキをデコレーションするのって時間もコストもかかるしセンスが必要・・・そんな方は 切手で個性を出してみてはいかがでしょうか。 郵便局や金券ショップに行くと、色とりどりのデザイン切手があるので懸賞にあったデザインを選べます。 中でもオススメはシール切手! 貼るのが簡単で糊付けの手間を省けちゃいますよ。 複数枚応募してみる! ネット懸賞の場合、応募は1人1回までという懸賞が多いですが、ハガキ懸賞の場合は何通応募してもOKと書いてあるキャンペーンをよく見かけます。 もちろんハガキ 1枚よりも複数枚の方が選ばれる確率は高くなりますよね。 バーコードや応募マークを日頃から集めておく! バーコードや応募マークが必要なキャンペーンは毎月のように開催されています。 諦めないで応募し続ける! ハガキを投函して、応募締切が過ぎてから抽選が行われるので、懸賞に当選したとしても 当選品が届くまでに1~4ヶ月くらいの時間がかかります。 そのため、ハガキ懸賞に応募し始めた頃は、なかなか当選品が届かずに応募をやめてしまおうと思うことも多いと思います。 ですが懸賞は『応募しなければ当選しない!』もの。

次の